薄毛 対策

育毛薬の注意

多くの人が薄毛に悩んでいますが、市販の育毛剤を使っていても、今一つ効果を実感できないと思っているかもしれません。
専門医の受診も考えると思いますが、処方される薬は大きく分けて飲むタイプと頭皮に付けるタイプの2種類になります。
それぞれ別な角度からの効き目があります。

国内では医師の処方が必要な薬となりますが、個人輸入することによって自分で取り寄せることも可能です。
フィナステリドやミノキシジルが代表的な名称ですが、本来は別の薬として開発されたものです。
育毛効果があることがわかって、育毛剤として転用されました。
フィナステリドを含む薬は複数の製薬会社が製造していますが、基本的な効き目に違いはありません。
価格もありますが、注意したいことは副作用が心配されることです。
言われているものとして勃起不全・性欲減退・精子の減少があります。
男性にとっては深刻な副作用と考えていいでしょう。
もちろん、適量を守ることが重要となります。

個人輸入をする時には、これらのことを自己責任として理解しておかなければなりません。
心配な人は個人輸入などをするべきではありません。
医師の処方で治療をするようにしましょう。

 

サイトマップ