薄毛 対策

薄毛対策の薬

薄毛用には薬があります。

まず、プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の内服薬として有名です。
しかし、医薬品ですから、薬局などで買うことはできません。

主成分はフィナステリドで、前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。
その成分が薄毛に対しても効果があることがわかったことで、1997年に薄毛の治療薬としての認可を取得しました。

男性ホルモンの働きが発毛を抑制してしまうことがわかっていますが、フィナステリドがテストステロンと酵素が結合することを抑制しますので、発毛を促進することになるのです。

それから、外用薬としてはミノキシジルです。
これは飲むタイプではなく頭皮に塗るタイプです。

ミノキシジルは血行を良くする効果がありますので、直接毛母細胞に働きかけることで、発毛を促します。
ミノキシジルも薄毛治療薬ではなく、高血圧患者用の血管拡張剤として開発されました。

この薬を使っていると、患者の体毛が濃くなることから、発毛効果に注目されるようになりました。
現在ではプロペシア同様に、薄毛治療薬として認可されています。

 

サイトマップ